個人差があるツルツル度合い 毛周期によって違う

Posted by admin on 6月 23rd, 2014 — Posted in

家庭用脱毛器を使用するにあたって、これだけ行えば良いと言う基準はありません。
なぜなら、発毛状態は個人によって大きく違いますし、仕上りもどこまでが完璧か?の問題になります。
目安としては、2週間から10日に一回で、2、3ヶ月と言われています。
せいぜい3ヶ月くらい続けて行なって、次の発毛を待つと言ったことでしょう。

毛根に刺激を与えることができる家庭用脱毛器の場合、一度脱毛をすると、そう簡単には生えてこないです。
続けて脱毛することで、いま生えている毛はなくなりツルツルになります。

それでOKということではなく、発毛してきます。
その周期がだんだんと長くなって、家庭用脱毛器を使用する頻度も少なくなっていくというのが、本来の効果の一つです。

どの状態でツルツルになったと判断するのには個人差があります。
もともと毛深い方、あまり毛が無い方でも差がありますから、一概に判断は困難です。

ただ、自己処理でカミソリや毛抜きを使用している方と比較をすると、ツルツル度合いはキレイですし、発毛サイクルも長くなります。
そして、肌そのものもキレイになっていくことだけは確かなことです。
人によって大きく差がありますが、家庭用脱毛器を使用していくにしたがって、肌はキレイになっていきます。

HT058_350A

家庭用脱毛器を使いたくて、頻繁に使用するのはNGです。
自分の肌周期に合わせて、○○日に1回というように間をあけることがポイントになります。
毛が少ない方ほどツルツルになるのは早いです。

子供に家庭用脱毛器を使用する時には注意が必要

子供の脱毛で家庭用脱毛器を使用するケースもあります。
ただし、これはあくまでも親の責任下で行なうことで、どのメーカーも推奨していないことです。

最近、肌を露出し服を着る機会が多い子供が増えています。
キレイな肌をしているのに、毛深いことが悩みの種になっている子供も多く、親としては脱毛してあげたいと家庭用脱毛器を購入する家庭も増えています。

もちろん親も使用できるもので、親子兼用の家庭用脱毛器も存在します。
そのときに、子供の年齢にもよりますが、あまりに小さなお子さんにはどんな家庭用脱毛器も使用不可です。
ある程度の年齢に達した子供のみ、弱い出力でも脱毛が可能になります。

なぜ子供に家庭用脱毛器は不向きなのかというと、ホルモンバランスの乱れがあるため、肌トラブルや痛みを感じやすいからです。
できれば、あまり使わないほうが良い時もありますが、カミソリなどで行なうよりは、キレイにできる確率は大きいとされています。

子供の毛は柔らかく細いため、家庭用脱毛器の弱い出力でも十分に結果が出るとされています。
様子を見ながらの使用になりますが、親が毛深いと子供も遺伝していることもあり、早くからキレイにしてあげたいという親心も理解できます。
注意をしながらの家庭用脱毛器での子供の脱毛をしてあげてみてください。

痛みや火傷をさせないよう細心の心がけが必要です。
家庭用脱毛器ばかりではなく、どうしても毛の悩みがある時には、病院に行かれることも考慮してみてください。

人気の家庭用脱毛器はどれがおすすめ?

脱毛サロンで予約が取れない!!!

これ、実際に本当なんです。脱毛サロンでなぜそんなに予約が取れないのか?
それには、カンタンな理由があるからなんですね。

客が申し込みしすぎ!!!!!!(;´д`)

つまり、キャンペーンやりすぎ!!!

ということになってしまうんですね。
それで、人気店(渋谷とか新宿とか)に予約が集中してしまい。
脱毛サロンで契約をしたのに、未だに施術ができていなくて、
泣く泣く契約を解除したという人もいるんです。(T_T)

そこで、今再び注目されているのが、家庭用脱毛器なんです。
今の脱毛器を侮ってはいけません!

今の家庭用脱毛器は、スゴすぎるんです。
その中から私のオススメをご紹介しましょう。

【1位】ケノン

ケノンは楽天ショップですごく人気の高い家庭用脱毛器です。
何がすごいのかといいますと、コスパ、性能、機能性、値段(ちょっと高いけど)どれをとってもお得で高クオリティなんです。
しかも、有名な女医さんも「これは、すごい」と関心するぐらいの実力。
毎日16時ぐらいまでセールしているので、まだ手に入れていない人は脱毛器ランキングをチェックです。

【2位】トリア

トリアはアメリカ生まれの脱毛器で。クリニックで用いられているダイオードレーザーを搭載した脱毛器なんです。つまり、本格的なレーザー脱毛がお家でできちゃうってことなんです。痛さはけっこうあるみたいですが、調整昨日がついているので3ヶ月後にはツルスベ肌も目指せるかも?

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。